経営・税務
2015.06.12

「弥生」ユーザー必見!「弥生一括振込サービス」で手間とコストを大幅削減!

Pocket

a0002_003098_m

必要経費とは言うものの、振込手数料って結構高いですよね。
銀行の多くは他行宛の振込みで3万円以上の場合、振込手数料は648円や756円となっています。
従業員の給与振込みや取引先への支払いなど振込み先が多い場合や、何度も振り込む場合は振込手数料だけでも相当な額になってしまいます。これをすっきり削減してみませんか?

毎月の振込手数料はどれくらい?

1回あたり600~700円程度としても、回数がかさむと結構な金額になります。
例えば1回の振込手数料が756円として、1ヶ月に100件振込むと75,600円になります。1年では907,200円!これが10年も続くと、大きな金額になっていきますね。
これを削減できるのが、弥生一括振込サービスです。会計ソフトの「弥生」ではユーザー向けに振込手数料や振込みの手間が省けるサービスを提供しています。

弥生一括振込サービスの仕組み

弥生の全製品のユーザーが対象で、専用ソフトや新たな機械を導入しなくても、すぐにパソコンから振込みできるサービスです。
銀行の窓口やWebサイトを使わずに自社のパソコンから振込みができ、振込み手数料が1件あたり396円(税込・2015年6月現在、以下同じ)になります。
弥生の「あんしん保守サポート」に加入していたら324円、給与振込は103円(サポート未加入は247円)とさらにお得です。
「弥生給与」「弥生販売プロフェッショナル」「弥生販売ネットワーク」のソフトを持っていれば振込先の登録は簡単にできますが、持っていない場合でもパソコンから入力が可能。銀行のファームバンキングソフトがある場合は、そのファイルをそのまま流用できます。
事前に登録しておけば振込み予定日の1ヶ月前から当日11:30まで予約が可能ですなので、うっかり振込みを忘れたというミスも防げますね。
データは弥生のWebサーバに保管されます。利用者は事前に振込み先を登録し、銀行にお金を入金しておけばOKです。

振込手数料が高いところだけを登録してもOK

例えば御社と同じ金融機関に口座をお持ちの相手に送る場合など、振込先の金融機関によってはこのサービスを利用するよりも従来の方法で振込む方が安いという場合があります。
そういう時は希望する相手先だけを登録することが可能です。
また、このサービスへの登録や利用に関しての初期費用や月額の使用料などは一切かからないというのもうれしいですね。

どれくらい経費削減できるのか、シミュレーションしてみましょう。

百聞は一見にしかず。
まずは実際どれくらい経費削減できるのか、試してみましょう。こちらのサイトでは、サービスを利用した場合の金額がシミュレーションできます。
https://www.yayoi-kk.co.jp/yss/furikomi/simulation/

申込みは簡単です

利用に当たって、まず弥生のユーザー登録をします。(その際に製品の知り合うナンバーが必要になります。)
(あんしんサポートに加入の場合は不要)
以下のサイトから申込書をダウンロードし、記入。通帳のコピーや謄本など必要書類と一緒に送付します。
https://form.yayoi-kk.co.jp/form/entry/yss/furikomi.html
簡単な審査の後に手続き完了の連絡が届いたら使用開始です。
簡単で無料で使えるサービスです。ぜひご利用してみましょう。

Pocket

資料請求・お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-998-558
受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

このページの先頭へ

このページの先頭へ