ゆるトピックス
2016.06.06

税務顧問の“顧問”って一体何?

Pocket

税務顧問

新任マーケティング担当です。いまだに少し難しくなることがある“顧問”というワード。一般的に使われている言葉ですが、会計事務所でいう“顧問”がつくとつかないのとでは、どんな違いがあるのでしょうか。見ていきましょう。

税務顧問サービス

少し前に税務の仕事について書かせていただきましたが、アルタの主要サービスであります「税務会計サービス」は、年間を通してお客様のご相談を受けたり、税金のアドバイスを行ったり、税務署などに提出する書類を作成したりします。

顧問契約を簡単に言うと「年間契約」ということだそうです。会計や税務は一年を通した数字が必要になるため、ほとんどのお客様が顧問契約になるそうです。
顧問って、もっと複雑な何かがあるのかと思っていました。

※会計事務所ごとに税務顧問契約に含まれるサービス内容は異なりますので注意が必要です
※相続の手続きや新規開業の支援などの継続的に発生しない個別のサービスは、税務会計サービスに含まれません

顧問契約のメリットとは

では、お客様にとって顧問契約を結ぶメリットとはどういったものでしょうか。
年間で業務をお受けする場合、継続して密なコミュニケーションを取っていくことで生まれるメリットがあります。

・お客様個別の事情を細かく把握できるため、より的確なアドバイスができる
・突然、税務署から税務調査の連絡が入っても、サポートしてもらえて安心
・日常業務の中でもメールや電話でスピーディーにお客様からの相談に対応できる
・収支の流れやサイクルを把握することで今後の見通しが立てやすくなる
・どこまで利益が出るか、税金がどれくらいになるのか、早めに予測がつく
・お金の流れ・資金繰りがわかるため、資金調達のタイミングが見極めやすい
・日頃の小さなお悩みから、経営を左右する大切なご相談まで対応(月額顧問料の範囲あり)

一歩先の経営状況を把握できる

アルタでは、オリジナルの「業績予測試算表」というツールを活用して、業績の状況把握から収支や納税額の予測までを行っています。
定期的なお打ち合わせ(面談)では、月の会計をまとめたご報告を含め、シミュレーションした数字をわかりやすくご説明しており、お客様からご好評をいただいています。

まとめ

“顧問”と聞くとそれだけでお金がかかる、意味があるのか疑問に思っていたみなさん。
“顧問契約”で迷った時には、一定期間継続して契約することでご自身にとってメリットがあるのか、考えてみるのも手かもしれません。

アルタでは、サービスや価格に関するご要望に応じて税務会計サービスの内容をお客様ごとにご提案しています。
いつでもお気軽にご相談・お問い合わせください。→お問い合わせフォームへ

■税金、会計、経営について、詳しく知りたい→税務会計サービス詳細を見る
■アルタのサービス全般が知りたい→サービス一覧を見る
Pocket

資料請求・お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-998-558
受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

このページの先頭へ

このページの先頭へ