ゆるトピックス
2016.04.18

税務・会計の仕事とは?

Pocket

税務会計

新任マーケティング担当です。
税務・会計の仕事自体を全く理解しないまま会計事務所に就職し、入社してしばらくは「税務顧問の“税務”って何なの…?」というそもそもの疑問を抱き続けていました。今回は税務・会計の仕事に関してご紹介していきます。

税務 ~税金に関する申告・事務手続き

「税務=税金に関すること」と一言でいっても、税の種類はいろいろです。みなさんは「税」と聞くとどんな税金が思い浮かびますか?
所得税、法人税、相続税、贈与税、消費税、住民税、事業税など、いろんな税金があります。

これらの税金を納めるためには申告書などを作って提出しなければなりません。
ここで“税務のお仕事”登場です。具体的に何をするのか見てみましょう。

・月の会計をまとめる  ※会計はこのあと詳しく
・決算書・申告書などの書類を作成し、お客さまのかわりに提出する(税務代理)
・税金に関する相談を受ける(税務相談)
・税務調査(税務署が行う調査)の立ち会い

会計と記帳 ~お金の出し入れを記録・計算

「会計=お金や物品の出納を記録・計算・管理すること」となりますが、では税務のところで出てきた「月の会計をまとめる」ためには、どんなことをしなければならないでしょうか。

・領収書をまとめる
・通帳の入出金を確認する
・売上の金額や、得意先からの代金の回収状況をまとめる
・仕入・外注費の金額や、仕入先・外注先への代金の支払状況をまとめる
・現金や物品を数える

これらを帳簿に記入していく仕事を「記帳」業務というんですね!会計ソフトを使って入力・管理できます。

決算と決算書

決算とは、決算期の最後の日の財産の金額や、その期間の利益や損失を計算することです。
法人の決算期は会社が自由に決めることができ、日本では3月が最も多く、全体の2割程度が3月決算です。
原則では決算期から2か月以内に決算書を作って、申告をしないといけないそうです。

まとめ

いかがでしたか?
会計・税務に関すること、ちょっとでも理解を深めてもらえたら嬉しいです。
法人の場合の申告についても、別の機会にお伝えしますね。

お困りごとがある方は、まずはお気軽にお問い合わせください。
アルタでは記帳チームがあり、帳簿作成もお手伝いできます。
※無理な勧誘や営業はいたしませんので、ご安心ください

■相談したい、問い合わせたい→お問い合わせフォームへ
■税務・会計のサービスを教えてほしい→税務会計サービス詳細を見る
■記帳代行はどんなことをしてくれるの?→記帳代行サービス詳細を見る
■アルタのサービス全般が知りたい→サービス案内一覧を見る
Pocket

資料請求・お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-998-558
受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

このページの先頭へ

このページの先頭へ