社会保険労務
2015.06.15

社員が入社するとき・退社するときの実務

Pocket

握手

社員が入社した場合も、退社した場合も、いくつかの手続きがあります。毎年多くの社員を採用する企業ではこういった実務に慣れていますが、入社・退社の動きが少ない企業では、事務担当者が「手続き法がわからない」「手続きするのを忘れてしまった」というケースがあります。当社にもあわててご相談にみえる方がおられます。
ここで再確認しておきましょう。

入社時に新入社員に提出してもらう書類

入社時には各種保険の資格取得や被扶養者の手続きを行います。新入社員には以下の書類を提出してもらいます。
1:(前職がある場合)雇用保険被保険者証
2:年金手帳(10桁の年金番号が必要です。見つからない場合は年金手帳の再発行を申請します。)
3:被扶養者の情報(妻・子など扶養者の続柄・氏名・性別・生年月日、職業、収入)を聞きます。この情報は、給与計算時の源泉所得税の計算、健康保険の扶養・国民年金第3号被保険者の届出などに必要になります。
4:扶養控除等(異動)申告書、(前職がある場合)源泉徴収票

★★ワンポイントアドバイス★★
就業規則に「入社時の提出書類」と記載しておくと、チェックリストとしても活用でき、入手漏れを防げます!

入社後に会社が行う事務手続き

1:雇用保険の手続き……雇用保険被保険者資格取得届を入社月の翌月10日までに会社所在地を管轄するハローワークに提出します。
2:健康保険・厚生年金保険の手続き……健康保険・厚生年金被保険者資格取得届を入社日から5日以内に年金事務所に提出します。なお、新入社員に被扶養者がいる場合は、次の書類の提出が必要です。
・健康保険被扶養者(異動)届・(被保険者が配偶者の場合)国民年金第3号被保険者取得届

退職時に会社が行う手続き

会社を退職する人がいる場合は、各種保険の資格喪失手続きを行います。
1:雇用保険の手続き……雇用保険被保険者資格喪失届を、賃金台帳・出勤簿・退職届などの退職理由を確認できる書類を添えて退職日の翌日から10日以内にハローワークに提出します。雇用保険被保険者離職証明書も一緒に提出します。
2:健康保険・厚生年金保険の手続き……退職時に本人から健康保険被保険者証を返してもらい、健康保険・厚生年金被保険者資格喪失届を退職日の翌日から5日以内に年金事務所に提出します。

★★ワンポイントアドバイス★★
退職時には健康保険証を忘れずに返してもらいましょう。扶養家族がいる場合は家族の分も必要です。自己都合で退職する場合は「退職届」の提出も必要です。名刺、ロッカーや机・保管庫のキー、制服など会社の備品類も忘れずに返却してもらいます。

まとめ

いかがでしたか?
入社時も退職時も結構短期間でさまざまな手続きをしなければいけません。
忙しい事務職員の人がこれをこなすのはなかなか大変です。アルタ東京社会保険労務事務所では、こういった社会保険・労働保険手続代行を行っております。
御社の片腕として、ぜひお手伝いさせてください。

■社会保険の手続きがわずらわしい→社会保険労務サービス詳細を見る
■就業規則が古くトラブルが心配→就業規則作成・見直しサービス詳細を見る
■相談したい、問い合わせたい→人事・労務の個別相談フォームへ
Pocket

資料請求・お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-998-558
受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

このページの先頭へ

このページの先頭へ