導入のメリット

freeeの特長と選ばれている理由

選ばれているクラウド会計ソフトfreee(フリー)は、どんな特長があるのかご紹介します。

【freeeの機能について】
料金プランによって、ご利用いただける機能に違いがあります。導入前に必ず料金プラン・機能をご確認ください。

freeeの特長 ~こんなソフトです

  • 経理・簿記がわからなくても使える
  • 口座を登録しておけば、簡単に会計帳簿が自動作成できる
  • 手のかかる作業に時間を費やすことなく、経理業務を時間短縮
  • 1クリックでレポートが見れる。さまざまなレポートをご用意
  • 青色申告、白色申告に対応した会計ソフト
  • 会社法に準拠した決算書が作れる(法人向け)
  • 他の会計ソフトからの乗り換えをサポート
  • セキュリティーが万全、安心して使える
  • 税制改正にもしっかり対応
  • 会計ソフトのバージョン管理やアップデートが不要

導入のメリット

導入で解消される手間(時間)や、業務自体の変化はどういったものなのでしょうか。

導入したらどう変わるの?

  • 経理・会計処理の二度手間を省き、業務効率が改善される
  • データが一元化されることにより、さまざまなコストが削減できる
  • 入力した情報はタイムリーに反映され、一目でわかるレポートができる
  • お金の流れ・業績管理・経営状況を把握するのに、時間がかからなくなる
  • リアルタイムの情報を見ながら、専門家からアドバイスが受けられる
  • 素早い経営判断・意思決定ができるようになる
  • 入出金の予定が登録できるので、未来の収支がしっかり管理できるようになる
  • 会計だけでなく、業務全体(経費精算・給与計算・マイナンバー対応など)が効率化できる
  • 連携サービスを利用することでさらに効率化ができる
  • 帳簿書類(紙)の保存・管理がなくなり、スペースも確保できる

一元化が効率化のカギ

データの一元化が効率化のカギ※図

請求書の発行・管理だけ、仕訳入力だけなど、部分的にクラウド化してもデータは一元化されません。
業務間のデータの転記・受け渡しで整合性が保てないケースも出てきます。

freee内で業務を行うと、自動で業務の記録(受注→請求→掛管理→入金消込→仕訳入力)が会計帳簿に変換されます。
業務は全体を俯瞰的にデータを一元化することで、全体最適ができ効率化につながります。

アルタがサポートします

他の会計ソフトからの乗り換える場合、データ移行(データのエクスポートとインポートのほか、各種設定が必要)には時間がかかり、移行作業にてまどうケースもでてきます。

とくに最初の会計ソフトの乗り換え・導入時の初期設定(自動登録ルールの決定・設定)で、どれだけスムーズに自動化できるかが決まってくるため、導入と運用をまとめて長期サポートするサービスをご用意しています。

気になることがある方は、お気軽に、まずはご相談・お問い合わせください。

・freee の導入支援サービスの内容をご紹介します→「会計ソフト freee の導入支援」ページへ

アルタは、freee認定アドバイザーとして、導入支援サービスを展開中です。

クラウド会計ソフトfreeeフリー認定アドバイザー
資料請求・お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-998-558
受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

このページの先頭へ

このページの先頭へ