会計ソフト freee 導入支援

会計ソフトfreeeの導入から決算・申告までをまとめてサポート

ITツール活用とデジタル化でこれまでの会計処理が変わります。
クラウド会計シェアNo.1の会計ソフトfreee(フリー)で業務の自動化・最適化をしてみませんか。

【freeeの機能について】
料金プランによって、ご利用いただける機能に違いがあります。導入前に必ず料金プラン・機能をご確認ください。

これまで会計処理は手入力(手動=時間・手間がかかる)

これまでの会計処理は会計ソフトに手入力(手動=時間・手間がかかる)

これまでの会計処理は、担当者が書類を一枚ずつ確認しながら会計ソフトに入力を行ってきました。

※手入力は時間がかかり、入力ミスが発生する可能性もあります

帳簿書類(紙)は、一定期間保存しなければなりません。

これから会計処理は自動化(どこからでも短時間で簡単に)

これからの会計処理は自動化(どこからでも短時間で簡単に)

会計データはクラウド上にあるので場所を選ぶことなく、どこからでも複数人で会計ソフトを使用できます(Mac対応、スマートフォンでも使えます)。

  • 月次損益がすぐわかる

    今よりも早くデータ処理ができるようになれば、一目でわかるタイムリーな集計結果から素早い状況判断が可能になります。

    ※さまざまなレポート(収入・支出、買掛金・売掛金、仕訳帳、総勘定元帳、試算表など)機能つき

  • 1請求書や見積書・納品書をカンタンに作成

    会計ソフト内で書類が作成できるので、取引発生時(見積)から納品・請求までを一元管理できます。
    請求書として作成したデータは、売掛金の仕訳を自動で作成します。
    入出金データと売掛金のマッチングも自動で推測されるので、簡単に消込が完了します。

    ※データ作成・管理がクラウド上ででき、共有もスムーズに
    ※請求書は、1クリックで郵送依頼可能

  • 2連携サービスでキャッシュレス化・効率化

    決済サービスや電子マネーサービスとの連携で、現金の出し入れがなくなります。
    カード決済の売上データは、自動で売上として会計ソフトに計上されます。

    店舗でPOSレジをお使いなら、POSレジアプリと連携することで売り上げが会計ソフトに反映されます。
    Eコマース系のサービス(ネットショッピング・決済サービス)とも連携しています。

    ※パソコンがなくても、タブレットやスマホアプリで操作が可能
    →連携サービス一覧を確認(freeeのサイトへ)

  • 3領収書はデジタル化して保存

    領収書・レシートは画像で取り込みます。
    スマートフォンで撮影、またはスキャナで取り込んでデータ保存が可能です。
    取り込んだ領収書・レシートのデータ「日付・金額・取引先・使用用途」を解析します。
    会計データと紐づけておくことができます。

    ※【電子保存の要件】電子帳簿保存法の新要件に対応したプランがあります

  • 4会計の入力業務を自動化

    オンラインバンキング(インターネットバンキング)やクレジットカードの情報をあらかじめ登録しておけば、1クリックで明細を取得し仕訳として登録できます。

    ※同期した口座の通帳データは手入力する必要なし
    ※入力の手間はかからず、入力ミスの発生を防ぎます

    チェックポイント freee と同期可能な金融機関(※法人口座)は300行以上!→金融機関を確認(freeeのサイトへ)

アルタがサポートします

他の会計ソフトからの乗り換える場合、データ移行(データのエクスポートとインポートのほか、各種設定が必要)には時間がかかり、移行作業にてまどうケースもでてきます。

とくに最初の会計ソフトの乗り換え・導入時の初期設定(自動登録ルールの決定・設定)で、どれだけスムーズに自動化できるかが決まってくるため、導入と運用をまとめて長期サポートするサービスをご用意しています。

気になることがある方は、お気軽に、まずはご相談・お問い合わせください。

・freeeの特長と導入のメリットをご紹介します→「導入のメリット」ページへ

アルタは、freee認定アドバイザーとして、導入支援サービスを展開中です。

クラウド会計ソフトfreeeフリー認定アドバイザー
資料請求・お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-998-558
受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

このページの先頭へ

このページの先頭へ