記帳代行のよくある質問

よくあるご質問

記帳代行について

記帳代行サービスとは具体的に何をしてくれるのですか?
具体的には、月に一度お客様からお預かりする領収書等の会計資料をもとに、会計ソフトに経理データを入力することにより帳簿を作成させていただくサービスです。
自計化(自社で記帳)をご希望のお客様には、記帳代行の専任スタッフが、会計ソフトの導入や運用の指導までをサポートすることも可能です。
領収書の整理はどうしたらいいのですか?
アルタでは、領収書等をお客様ご自身で整理しやすいように「会計資料ファイル」をご用意しております。
「会計資料ファイル」は整理する項目ごとにインデックスをつけており、該当する領収書をそのポケットに入れることで、どなたでも簡単に整理できるようになっております。
また、お預かりした領収書などは、保存しやすいように整理してご返却しております。
自社で記帳するのか、記帳をアウトソーシングするのか、どちらがいいのでしょうか?
記帳を自社でするのが良いか、アウトソースするのが良いかは、会社のステージ(規模や状況)によって、変わってきます。
経理スタッフがいない場合は、経営者の方が本業に専念できるよう記帳代行を利用することをおすすめします。社内に経理部門が整っている場合は、自計化(自社で記帳すること)できるようアルタがサポートいたします。
また、何らかの理由で、スタッフに財務状況を知られたくない場合も、アルタがサポートします。
いずれにしましても、お客様ごとに事情やステージが異なりますので、一度個別にご相談ください。
会計ソフトは何が良いのでしょうか?
さまざまな会計ソフトを試用し、一番使いやすい会計ソフトを選んだ結果「弥生会計」を推奨しております。
「弥生会計」でしたら、設定や使い方のご説明まで行うことができます。
また、アルタが弥生PAP会員となっているため、「弥生会計」をお得な価格で購入することができます。
会計ソフトの導入も支援してもらえるのでしょうか?
「弥生会計」の導入は、安心してお任せください。インストールや各種設定・使い方のご説明まで丁寧にサポートします。
なお、同時にメーカーの電話サポート契約を結ぶことも推奨しております。
販売管理ソフトの使い方の指導もしてもらえるのでしょうか?
「弥生販売」限定で、販売管理ソフトの導入や操作方法のご指導もいたします。
社内の経理担当者の教育や研修をお願いすることはできるのでしょうか?
はい。お任せください。
基本的な業務の説明から、業務プロセスの改善指導まで、お客様ごとの研修プログラムを作成し対応しています。
必要に応じて各種管理帳票の作成等もサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
資料請求・お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-998-558
受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

このページの先頭へ

このページの先頭へ