よくある質問

よくあるご質問

税理士業務について

税理士(会計事務所)とは何をしてくれるのでしょうか?
税理士の一般的な仕事は、帳簿作成と決算書・確定申告書の作成の他、税務調査の立ち合い、税金に関するご相談対応などが中心になるかと思いますが、アルタでは、こうした税理士としての当たり前のサービスに加えて、積極的な節税のアドバイス、融資のお手伝い、業務改善など、経営者様のパートナーとして、経営状態がより良くなるよう、一緒に考え課題を解決していきます。
税務顧問契約を結ぶメリットは何ですか?
顧問契約を結ぶことにより、定期的なご訪問やご連絡を通して継続してコミュニケーションをとることが可能になり、節税や融資等のお金に関することのみならず、日常業務のちょっとしたこと、今後の経営に関わるお悩みなどまで、さまざまなご相談をしていただくことができます。
また、税務の専門家として、お客様ご自身がお気付きにならないことまで、ご提案やアドバイスもさせていただくことも可能になります。
財務状況や相談内容が外部に漏れないか心配です。
税理士には、法律によって職務上知り得た情報を外部に漏らしてはいけないという守秘義務が課せられています。
アルタでは、御契約書の中で守秘義務に関してのお約束を記載しておりますほか、情報管理に関しては事務所全体で最大限の配慮をしておりますので、どうぞご安心ください。
顧問契約は結ばずに決算だけをお願いすることはできるのですか?
決算業務だけをお引き受けすることは可能です。しかしながら、顧問契約を結ぶことによるメリット(節税の効果、経理業務の時間的・人的コスト削減、財務の専門家にいつでも相談できるという安心感)は、顧問契約にかかる費用を大きく上回ることもあります。
そのため基本的には皆様に、顧問契約を結ばれることをおすすめしております。
顧問契約を結ぶと資料の整理や領収書の管理などが面倒になるのではないかと心配です。何をどう整理すればいいのでしょうか?
アルタでは、領収書等の会計資料をお客様ご自身で整理しやすいように「会計資料ファイル」をご用意しております。
「会計資料ファイル」は整理する項目ごとにインデックスをつけており、該当する資料をそのポケットに入れることで、どなたでも簡単に整理できるようになっています。
また、お預かりした領収書などは、保存しやすいように整理してご返却しております。
節税対策について何をどうすればいいか具体的に教えてもらえるのでしょうか?
はい。私たちは、ドクターが患者様の病気を診断し薬を処方するかのように、お客様ごとの症状や、健康状態(財務状態)に合わせて、最適な節税方法をご提案させていただきます。
かかりつけ医(顧問税理士)としての長いお付き合いが、より正しい状況把握と節税アドバイスにつながります。
借入をしたいのですが、相談に乗ってもらえますか?
はい。さまざまなケースに対応してきた税務コンサルタントが、お客様ごとに最適な借入プランをご提案させていただき、事業計画の作成、返済シミュレーション作成なども含め、借入をするまでのお膳立てをさせていただきます。またご希望に応じて金融機関へ同行させていただくこともあり、金融機関とお客様のパイプ役も果たしています。
(アルタ東京会計事務所は、日本政策金融公庫新宿支店の融資斡旋件数が、数ある会計事務所の中でダントツの実績です。)
税理士を変更したいのですが、どのような手続きが必要なのでしょうか?
まず、税務署等への届出は必要ありません。顧問税理士を変更する場合は、具体的には、
1.変更前の税理士に対し顧問契約を解消するのと同時に、預けてある書類を返却してもらう
2.新しい税理士との間で顧問契約を結ぶということになります。新しい税理士には、決算書と申告書の控えのほか、必要に応じて過去の書類を提出します。また、状況によっては、新旧の税理士間で情報のやりとりをする場合もあります。
もうすぐ決算だけど何もしていません。サポートしてもらえるのでしょうか?
ご安心ください。どんな状況でもできる限りお引き受けしています。
法人は決算後2カ月以内に確定申告書を提出する義務があります。たとえ経理関係について何もしてこなかった経営者の方に関しましても、年1度のお付き合いでこれらの手続きを代行させていただくことが可能です。
また、事業開始後無申告の期間が継続している方に関しましても、さかのぼって対応させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。
資料請求・お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-998-558
受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

このページの先頭へ

このページの先頭へ