2016.09.06

クラウド会計ソフトの導入支援について

Pocket

アルタコンサルティンググループ

データのデジタル化やペーパーレス化が進み、“会計ソフトもクラウドで運用したい”というニーズが増えてきているようです。

freee導入支援プログラムに参加

先週、クラウド会計ソフト freee(クラウド会計シェアNo.1)の導入支援プログラムに参加しました。

クラウド会計ソフトfreee導入支援プログラムに参加

クラウド上で会計ソフトを使い始めた方々のご意見は、「なんといっても利便性がよい」ということです。

これまでパッケージソフトが対応していないケースもあったMacユーザーはもちろん、今やパソコンがなくても、スマートフォン(iOS/Android)から入力や表示が可能で、どこにいてもクラウド上のデータにアクセスできるようになります。

データの受け渡しも、取りに行ったり、郵送してもらったりする必要はなくなります。
データ共有に時間や手間がかからなくなり、同時にオンラインのデータにアクセスできるようになるため、同じデータを見ながらチェックやアドバイスを受けることが可能です。

ソフトをインストールする必要もなく、いつも最新のバージョンを利用することができます。

代表 河野より、みなさまへ

クラウド会計ソフトが注目を集めるキーワードは、「自動化」です。

会社の決済すべてをキャッシュレス化することにより、請求業務、支払業務、経費精算、給与計算、帳簿作成までバックオフィスの業務フローをソフト内で構築することができ、これにより業務の効率化が実現できます。
毎日ネットバンキングシステム等と同期することができ、日時決算も可能となります。

レスポンスよく経営情報を確認でき、経営判断に役立ちます。
また、一度業務フローを構築してしまえば、経営者・財務担当者・経理担当者が作業から解放され、より戦略的な活動に時間をさけるようになります。

これまでお客様の業務効率化に積極的に取り組んできたアルタでは、これからもみなさまの強い味方であり続けるために、ニーズに応えられるソリューションを提供できるよう努めてまいります。

代表 河野 恭秀
クラウド会計ソフトfreeeフリー

※アルタはfreeeの2つ星 認定アドバイザーとして、導入支援サービスを展開中です

→「会計ソフトfreee導入支援」サービス詳細

Pocket

資料請求・お問い合わせ
フリーダイヤル:0120-998-558
受付時間:9:30〜17:00(月〜金)

このページの先頭へ

このページの先頭へ